2008年05月31日

サッカーを習うことで子供は

紀元前に中国で行われていた蹴球という球技をご存知ですか?
又中世ヨーロッパで遊びとして行われていたフットボールが起源だと言われています。 

これは競技人口・知名度はともに世界最高のスポーツでワールドカップでは世界中が白熱するサッカーのことです。 

ラグビー・サッカー・フットボールはもともと仲間で
的確なルールなどはなかったそうです。 

国際サッカー連盟(FIFA)が現在のサッカーのルールを統一しています。 
又、200以上の国が国際サッカー連盟(FIFA)に参加しているそうです。 

サッカーをするなかで学べることは色々あります。 
闘争心・集中力・精神力・忍耐力・持続力を養うことができます。 
又、瞬時に判断できる知力と分析力も高めることができ、集団で行う連帯感・協調性も育むことができます。 

なによりもボールひとつあれば楽しめる手軽さがいいですよね。
親子で練習することで親子間でのコミュニケーションもとれます。 
友達とちょっとした時に遊びながら練習できるのもいいですよね。

遊びながらもどんどん上達していくので楽しく続けることができます。 
そのような手軽さや、楽しく続けられるところが子供に人気のある理由であり、サッカーの魅力なんでしょうね。
    
大人になってもストレス解消や趣味としてチームを作ったりして続けている人もいますよね。

今では男子だけでなく女子のチームも作られていますよね。
女子とはいえ、男子チームにも負けないほどの強豪チームもいるようですよ。

たまの休日には家族みんなでサッカーをして遊ぶのもいいかもしれませんよ。

子供の習い事研究所では、子供の習い事、塾等について人気の習い事や習い事の種類、内容等について解説しております。 管理人の体験談や経験の他、専門サイトや書籍で学んだ知識や専門家の方から得た貴重な情報などを元に解説をしております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせのメールアドレスは(zqq11qq★yahoo.co.jp)です。 ★を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 管理人より
posted by 子供の習い事 at 04:35| 習い事の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

ミニバスを習うことで子供は


ミニバスケットボール、通称ミニバスはパスケットボールを小学生用にルールなどを改定したものです。 

バスケは小さなうちから始めるととても上達するそうです。 
日本やアメリカで子供の頃からやっていた人たちは今、トッププレイヤーとして活躍しています。 

バスケは男女問わずにできるので、サッカーや野球になどに並んで人気のスポーツです。 

バスケをやるなかで学べることは様々です。 
闘争心・集中力・精神力・忍耐力・持続力を養うことができます。 
又、瞬時に判断できる知力と分析力も高めることができ、集団で行う連帯感・協調性も育むことができます。 

私が子供の頃にもバスケはとても人気がありました。

放課後には学校のクラブで、休日にはチームに入り学校の体育館を借りてやっている人が大勢いました。

今でも小学校の近くを通ると夜遅くまで練習している姿を目にすることがあります。 

私は球技が苦手だったため、バスケに参加したことはほとんどありません。
参加してもただただみんなについて走るだけ・・・(笑)。

今となってはやっておけばよかった・・・とおもいます。 

バスケをしている人は大人でも子供でも男女問わず、かっこよくて生き生きしていますよね。

みんな「ゴールを決めたい」「相手チームに負けたくない」「チームメイトの足をひっぱらないように」など色々なおもいを抱えて練習に励んでいるそうですよ。

今、ミニバスで頑張っている子供たちが素晴らしいプレイヤーになる日も近いかもしれませんね。

子供の習い事研究所では、子供の習い事、塾等について人気の習い事や習い事の種類、内容等について解説しております。 管理人の体験談や経験の他、専門サイトや書籍で学んだ知識や専門家の方から得た貴重な情報などを元に解説をしております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせのメールアドレスは(zqq11qq★yahoo.co.jp)です。 ★を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 管理人より
posted by 子供の習い事 at 20:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。