2008年06月09日

フィギュアスケートを習うことで子供は


フィギュアスケートと聞くとまずおもい浮かぶのは皆さん同じことだとおもいます。 
そう、トリノで活躍した荒川静香選手や安藤美姫選手・浅田真央選手などですよね。

活躍されたこれらの選手の華麗な滑りを見て、フィギュアに憧れた子供たちも多いとおもいます。 
現に、フィギュアを始める子供たちが増えていると聞きます。 

まずフィギュアという名前ですが、リンク上にフィギュア(図形)を描くように滑ることからその名が付いたそうです。 

年齢とレベルによって出場できる競技大会が決められています。 
日本スケート連盟が主催する大会では3つの階級があるそうです。 それはシニア・ジュニア・ノービスです。 
その中で、シニアクラスの代表的な大会・オリンピック。

シングルといって1人での演技、男女2人組みで演技をするペア。
どちらもとても優雅で素敵ですよね。

フィギュアをするなかで学べることはたくさんあります。 
創作活動を通じ、豊かな心・感受性を育むことや目標を作り練習に励むことで達成感を得ることができます。 

柔軟性・反射神経・俊敏性・持久力・バランス力を養えます。 

何よりも曲に合わせて体全体を使い、喜怒哀楽を表現するため、表現力も身に付きます。 
又体を動かす楽しさも学べます。 

"女の子"達はあの煌びやかな衣装やメイクにも魅力を感じるのではないでしょうか?
あのような綺麗な衣装をきてリンク上を風を切って滑れたらとてもいい気分になれるような気がしますよね。

今、一生懸命に練習に励んでいる子供たちの中からいずれ、オリンピックの大舞台で活躍する選手が現れることを期待しています。 

子供の習い事研究所では、子供の習い事、塾等について人気の習い事や習い事の種類、内容等について解説しております。 管理人の体験談や経験の他、専門サイトや書籍で学んだ知識や専門家の方から得た貴重な情報などを元に解説をしております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせのメールアドレスは(zqq11qq★yahoo.co.jp)です。 ★を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 管理人より
posted by 子供の習い事 at 05:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

野球を習うことで子供は

野球はイギリス生まれ。
アメリカも持ち込まれてからベースボールという現在の野球の形になったといわれているようです。 

ボールは3種類あります。 
まず1つはコルクやゴムを芯にした「硬式球」。
2つ目は硬式球に比べ、安全性を重視して中を空洞にした「軟式球」。
そして軟式球が開発された「準硬式球」。

プロ野球や高校野球では硬式のボールが使用されていますが、少年野球では軟式のボールを使うことが多いです。 

小学生の硬式野球は7つの加盟があります。 
たとえばリトルリーグ・ボーイズリーグなどです。 
連盟によってルールの取り決めは少しずつ違うようです。 
そのため違う連盟間での交流大会は行わないそうですよ。

軟式野球といえば一般的に少年野球です。 
地域のクラブで活動されています。 
国内では2つの大きな大会が開催されているようです。 

野球をしていく中でたくさんのことが学べますよね。
体力・ 根性・精神力・集中力・忍耐力・持続力と様々な力を鍛えることができます。 
又瞬時に判断する知力・分析力、仲間と動くことで連帯感や協調性を育むこともできます。 

ルールやマナー・礼儀正しさも身につきますよね。

又学校だけでなく野球を通しての友達もできます。 
親御さん同士でも親しい仲間が増えていいかもしれませんね。

大人になっても趣味で続けている人はたくさんいます。 

もちろんプロを目指すのもいいですよね。

野球を一生懸命にやっている"男の子"の中にはプロを夢見る子が多いのではないでしょうか。

子供の習い事研究所では、子供の習い事、塾等について人気の習い事や習い事の種類、内容等について解説しております。 管理人の体験談や経験の他、専門サイトや書籍で学んだ知識や専門家の方から得た貴重な情報などを元に解説をしております。 分からないこと等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせのメールアドレスは(zqq11qq★yahoo.co.jp)です。 ★を@に変換してからお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 管理人より
posted by 子供の習い事 at 06:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。